<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。
レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。

 

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。



<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイブログ:2020年11月29日

ダイエットと体操は切り離せない関係にあります。
でも「痩せたい!」と切望している人が、
全員体操好きとは限りませんよね。

むしろ体操が苦手だったり、
普段体操を行う機会がないからこそ、
ダイエットが必要な体型になってしまったのでは?…と、
厳しい見方をすることもできます。

体操がダイエットに効果的なことは、
今や周知の事実なんですが、
体操が嫌いな方は、
どうにかして体操せずに痩せようと、あれこれ頑張ります。

食べる事制限ダイエットや半身浴ダイエット、
レコーディングダイエット…などなど

むしろ最近では、
たまに思い出したように体操するぐらいなら、
かえってしない方がダイエットには効果的…
なんて意見もちらほら聞きます。

もちろん、体操せずにダイエットしても、
「絶対に成功できない!」とは言い切れません。

でも、体操した方が
ダイエットを成功させやすいことは間違いなさそうです。

ある大学の研究で、
ダイエットに体操を取り入れたグループと
体操を取り入れないグループを比較してみたところ…

一切体操しないでダイエットに励んだグループは、
目標体重まで減量するのにかなり時間を要した上に、
食べる事制限でストレスに悩まされたり、
挫折しやすい精神状態になる…という結果が出ています。

また、ダイエットの内容も、
体操するグループは効率良く脂肪を落としたのにも関わらず、
体操しないグループは必要な筋肉が減り、スタミナも衰えたそうです。
要するに、疲れやすい体になってしまっていたのです。

効率よく痩せたいなら、
やはり体操は欠かせないんですね!