<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。
レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。

 

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。



<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイブログ:2020年08月03日

減量にとって、
日々お風呂に入ることはとっても大切だと思います。

シャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、
日々ちゃんとお風呂に浸かると、
減量効果が期待できるんですよ!

お風呂に減量効果があるといっても、
お風呂に入れば、脂肪が燃えるということではありません。

実際、入浴で消費されるカロリーはそれほど高くはないそうです。
個人差はありますが、
半時間の入浴でだいたい90kcalぐらいだそうです。

お風呂に入った後、体重を量ると
少し減っていることがありますが…
それは汗で水分が出ていった分が減っているだけで、
水分を補給すればすぐにもとに戻ってしまいます。
ですから、脂肪が燃えて体重が減ったわけではないのです。

では、
お風呂の減量効果って何なのかというと…

まず、お風呂で汗をかくことは、
体質の中に溜まっていた余分な水分や老廃物を
排出することになるので、
むくみの解消につながります。

さらに、
体質の芯から温まって汗をかくことで、
体質全体の代謝が良くなります。

日々お風呂に入る習慣をつければ、
自然と基礎代謝量が増えることになり、
結果として減量につながるわけですね。

つまり、
お風呂に入ることは、
脂肪を燃やしやすい体質にしてくれる効果がある
ということになるわけです。

また、一日1回、
ゆっくりリラックスできる時間があるということは、
イライラがたまりやすい減量には
とても大切なことじゃないでしょうか?

入浴剤や音楽、好きな本などで、
自分だけのリラックスタイムを作って、
減量を楽しみましょう!