<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。
近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。



<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:2020年08月03日

ダイエットを成功させた人の中には、
和食中心の食事に変わったり、おかしをあまり食べなくなったり、
食の好みまで変わったという方が多くいます。

「そんなことってあるの?」と疑問を持つかもしれませんが、
「しっかりと栄養をとっていると食の好みが変わる」というのは、
とっても自然なことなんですよね。

よく「疲れていると甘いものが欲しくなる」と言いますが、
食欲というものは不思議なもので、
そのとき体に不足しているものを食べたくなるものなんです。

しかし、やっかいなことに、
人はこの「体の食欲」だけでなく、「心の食欲」も持っていて、
体が欲していなくても、
ついついおかしをつまんでしまったり…

これも自然な食欲ではあるのですが、
心のままに、体が欲していないものばかりを食べていると、
太ってしまうだけでなく、
脳から発信される「今、体はこんなものを欲している」という
大切な信号を感じ取れなくなってくることもあるようですよ。

読者様は、今、
体がどんなものを欲しがっているか把握できてますか?

もし、わからなくなってしまった場合は、「栄養」が必要です。
体に必要な栄養で、しかも足りていない栄養と思われる
「ビタミン」「ミネラル」「たんぱく質」を意識して食事で摂りましょう。
普段あまり食べていない
野菜やフルーツ、魚、豆類なんかが良いですね!

体が欲しがっているすべての栄養素が十分に満足されれば、
新陳代謝もよくなって、ダイエットにつながるんです!

おかしなどを食べて、
体にたまってしまった添加物や余分な脂肪・水分も
しっかり排泄されるようになって、
体がだんだんキレイになっていきます。

すると「体が欲するものを食べたくなる」という
自然な食欲が戻ってきますよ。