<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。



<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:2020年08月03日

「太っている」「太りだしている」ということは、
食べ物を上手くエネルギーとして使えていない状態なんだそうです。

つまり
肉体が熱を作り出せず、体温が下がり、
肉体が冷えているんですね。

そうなると肉体は寒さから身を守り、
体温を保つために脂肪を溜め込もうとします。

それだけではなく、
内臓の働きが弱まり、便や尿の排泄が悪くなり
肉体の中に水分が溜まります。
これが、「むくみ」の正体ですね。

そうすると、活動のためのエネルギーが奪われ
肉体のさまざまな機能が低下し、ますます冷えを起こします。

冷えが起きると、
肉体はさらに脂肪を溜め込もうとします。

こうして、どんどんと悪循環に陥ってしまうわけです。

こんな状態では、
ダイエットが上手くいくはずもないですよね!

だから、ダイエットを成功させるには、
肉体の中の余分な水分を排泄し、
むくみを解消する必要があるんですよね。

肉体の中の水分は、
血液やリンパ液によって運ばれています。
つまり、血液、リンパ液の循環を良くすることが
むくみの解消につながるのです。

ちなみに、こむらがむくみやすいのは
血液を循環させている心臓から遠いところにあるからなんです。

僕は、むくみを解消するために
毎日、軽いトレーニングをするように心がけています。
血液の流れが良くなりますし、汗をかけば余分な水分も排泄できます。

また、寝るときは、あしを少し高くしていますし、
あしの付け根や膝の裏側などのマッサージも
日課にしています。
これは、力をいれず、さするだけで十分ですよ。