<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。 レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2021年01月20日

何度もダイエットに挑戦している人は、
十分やり方や知識が解っているのに、
ストレスでダイエットを断念してしまった人が
多いのではないのでしょうか。

例えば…
お菓子を我慢しなければダメ、
この運動を日々しなければダメ…と
自分をがんじがらめにして、
プレッシャーの掛け過ぎなのではないでしょうか。

人間、辛いことや嫌なことは長く続けることができません。
ストレスが溜まって、逆の方向に向いてしまいます。

あまり硬く考えないで、
気楽な気持ちでダイエットに挑戦しましょう!

少しずつ日々の生活習慣を変え、
本当に食べたいと思うものを適度に食べて胃を小さくし、
少な目のご飯量でも満足できる身体を作っていきましょう。

ダイエットだから運動するという考え方ではなくて、
趣味や習慣の中に、消費カロリーを増やす方法もあります。

長い間維持できる方法を見つけることが
ダイエット成功へのカギだと思います。

自分が決めたご飯や運動などを、
日々完璧に実行できなくてもいいと思います。

たまに食べ過ぎてしまったり、
運動しなかったりすることは悪いことではありません。

そのような回数を少しずつなくしていくことができれば、
自然と自信がついてくるはずです。

自信がつけばつくほど、
身体の余分な脂肪とストレスから解放されてくることでしょう。

気持ちを楽にして、食べたいものは食べる、
それでいて強い信念を持ってダイエットに望めば、
自分の理想としている身体を手に入れることができますよ!