<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。 レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2021年03月03日

現在いろいろな減量方法が
メディアなどで紹介されていますが、
どの方法も気になるのは
リバウンドではないでしょうか。

減量を始めると
多少なりとも、経験するのがリバウンドです。

リバウンドとは
せっかく頑張って減量して減少した体重が、
短期間で元に戻ってしまったり、
最悪以前よりも体重が増加してしまうことです。

リバウンドの怖いところは…
減量とリバウンドを何度も繰り返していると、
どんどん太りやすく痩せにくいからだになってしまうという点です。

減量を成功させる為には、
リバウンドを起こさないようにすること。
そして
リバウンドの少ない
減量方法を選ぶことが大切になります。

ではどういった
減量方法が理想的なのでしょうか?

理想的な減量は
筋肉を落とさず、からだに溜まった脂肪を除去する方法です。

自己流で安易に減量すると
脂肪よりも筋肉を減少させてしまい、
リバウンドを起こしすい状態になるので注意しましょう。

筋肉を落とさないで脂肪を落とす為には
連日繰り返しトレーニングを行って、
基礎代謝をあげるようにします。

トレーニングの種類は、激しいトレーニングではなく、
多少汗ばむ程度の軽めのトレーニングが理想です!
無理のない有酸素トレーニングなどを
連日続けて行うようにしましょう。

あまり急激にカロリー制限するのは健康によくないので、
間食や夜食を控えるといった程度の
食事制限にとどめておきます。

リバウンド防止のポイントは、
基礎代謝の向上、骨量減少の防止、
そして摂取カロリーの正しい抑制です。

減量とリバウンドの関係を理解し、
無理のない減量を行っていきましょう。