<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 レーシックの紹介制度は友人や知人がレーシックを受けようと考えており、クリニック選びに迷っている時に紹介をしてあげましょう。
謝礼金の制度は双方が得をするシステムとなっているので積極的に利用しましょう。
レーシックの手術を受けた人が他の人を紹介して、その人がクリニックでレーシックを受けた場合、謝礼金が貰える制度があります。
ギフト券などを受け取ることが出来る利点だけではなく、紹介された人も割安価格でレーシック手術を受けることが出来るのが一般的です。

 

最近では安全性への重視などから、どのクリニックも割引制度を控えめにしているケースがあります。
しかし今現在でも実施しているクリニックは存在しているので比較サイトを参考にして探してみてください。



<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:2020年06月29日

お子さんは出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「運動」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

お子さんはとにかく体質を動かしまくるものだが、
お子さんが体質を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りもお子さんの脳のシナプスを増やすことになるので、
お母さんはお子さんから喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

お子さんは12時間活動しまくると、22時は熟睡をするもの。
お子さんは睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかるお子さんなど1人もいない。

お子さんがこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実にお子さんは、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
お子さんが笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
お子さんは笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
お母さんが必死になって育児をしているために、
その姿がお子さんにとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したようなお母さんは、
お子さんの脳の成長に大損害を与えているのであって、
お子さんが笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。