<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック

「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。



<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシックブログ:2020年09月23日

オハヨウですー

シェイプアップを成功させるためには、
カロリーを減らして、栄養バランスのよい食べる事する…

と、わかってはいても
昼などはコンビニで済まさざるを得ない人もいるかと思います。

ところがコンビニ弁当でも、
工夫次第ではシェイプアップが可能なんですよ!

コンビニで売っているもの全てが
「シェイプアップの敵」ではないんです。

例えば
「半分残せばいい」と思っていても、
おやつの大袋を空けてしまったら、
結局食べきってしまうのが人の弱いところ…

でも
最初から少量のものを買えば、そんな心配もなくなります。

コンビニで売っているものはたいてい小分けされたものが多いので、
こうしたものを賢く利用しましょう。

また、コンビニで売られている食品のほとんどには、
カロリーや栄養成分が表示されていますよね。

自分の摂取カロリーを覚えておいたり、
カロリーの目安を立てたりすれば、カロリーオーバーが防げます。

さて、どんな実際選ぶにあたって…
基本的に、メインディッシュには野菜サラダとスープ、
果物にはヨーグルト類を選ぶのが理想だと言えます。

お弁当を選ぶのであれば、
常にごはんの量を意識してみてください。

ごはんが占める割合が、
容器全体の1/4なのがベストなごはんの量です。

避けたいのは、7割がごはんで
残りの3割に揚げ物と焼き魚のみといったお弁当。
炭水化物や油分が多いので、太りやすいものばかりになってしまいます。

コンビニの食べる事で満足感を得る方法はいろいろありますが、
選べる範囲で組み合わせ、品目を増やすことがポイントです。
視覚的にも満足度が大きくなりますよ。

コンビニを上手に活用して、
シェイプアップに役立てましょう!

ニンニン